社長メッセージ Message

皆さんの得意分野や個性を伸ばしていきたい。泰正社は全員が主役の会社です。代表取締役社長  岩崎 隆信

「競争」から「共走」へ。大切なのは「チームワーク」。

近年、当社では新たな人事制度構築に向け舵を切りはじめ、その取り組みが成果を実らせつつあります。それを一言で言うならば「チームワーク」です。一人でできることには限界があります。しかし、チームとしてなら互いの得意分野を活かし、不得意分野を相互に補い、高めあうことができます。結果として企業全体の組織力を強くするのです。
かつて私が生まれ育った時代は人生のあらゆる場面に競争がありました。そして社員を互いに競わせることが組織全体を強めるという考えが半ば常識的でした。しかし近年、特に若い世代の人材を育成していく中、「競争原理」が必ずしも結果に結びつかなくなってきました。
そこで試行錯誤する中、試しに20代半ばの若い世代に店舗運営を任せてみましたところ一つの答えが見つかったのです。それが「チームワーク」でした。お互いが”競争”するのではなく同じゴールに向け力を合わせて”共走”すること。それぞれの得意分野を持ち寄り全員でやることこれによって全員が同じ方向に向かって盛り上がり、社員同士の結束力も高まります。新時代の泰正社のキーワードは「チームワーク」なのです。

それぞれの個性・適正を引き出すための目標管理制度。

当社の目標管理制度の目的は、”スタッフそれぞれの成長”にあります。目標設定では、まず「自分はこんなところが得意」「こんなところを伸ばしたい」といった話を聞きながら課題を設定していきます。期末の振り返りでは、指導を担当する上司から「君はこんなところが良いからここはもっと伸ばしていこう」といったアドバイスを行います。全員が一つの目標に対して向かえというのではなく、個々の適正・個性にあわせた目標というところに特徴があります。
評価制度は今、改革を進めていますが、各々の長所を伸ばし成長を促すための一つの指標・バロメーターとして使える形にしていきたいと考えています。そして、社員それぞれが成長することで、会社というチーム全体としての強さを磨いていきたいと考えています。

岩崎社長

皆さんと共に成長していきたい。

最後に、当社への入社をご検討してくれている皆さんへ。ぜひとも「この会社で何をすべきか、自分で何をしたいか」をイメージしてきてください。それはどんな事でも構いません。会社は当然ですがこれからも成長し続けていきたいと考えていますし、みなさんも目標を持ち成長したい思っている。会社と社員の両者が同じベクトル上で相互に利用し合い高めあう、そんな会社を創っていきたいと思っています。この会社で教えられることには限界はありますが、ここでの経験が皆さんの成長にきっとプラスになるとお約束します。

岩崎社長